in MOVIEs

主にアメリカ、イタリア、日本を行ったりきたりの人生。滞在先で観た映画の感想などを残します。映画とは人生の価値観を広げる得るもの、そして大いなる暇つぶし。いずれにしても、同じ映画を何度も何度も観て、微に入り細に入る観察をするのが好きです。多大な労力と時間がかけられて製作された映画たちですから。

「3メートル近くの大きさのハンサムな顔、1メートルの大きな微笑に人は抗うことができない。壁と同じほど長い脚の男を見て!まっすぐ私に向かってくるわ!音楽が雰囲気を盛り上げる。ライトが当てられた動く画面があなたの頭をいっぱいにする。カーチェイスのシーンを見るのはお嫌い?目を背けられるのなら、やってごらんなさい。見ないでいられる?画像は作り物だと知っていても、あなたは厚紙に描かれた蝶に引きつけられるオスの蝶と同じようになるのだ。それが映画だ。それが映画がよってたつ基盤である。」

「THE WRITING LIFE / 本を書く」アニー・デイラード(柳沢由美子 訳)


※ 本ブログ記事は全て独自に執筆されたものです。無断転載・複製はご遠慮ください。

※文中の日本語訳は独自に翻訳したものです。実際に日本で上映される際などの翻訳とは異なる場合がございます。

※本ブログの表示はPCを標準としています。